種の発芽って結構簡単に出来るんですよ。一番簡単に育てられるのはやっぱりミニトマトかなぁ... 野菜の種は主に乾燥させてから種まきをすると良いと言われています。それでは、私流の発芽の仕方をご紹介させて頂きます。



tane


やり方は前にも記事で述べたのですが、色々な方法がありますが、私はプラスチックのケース(スナック海苔のケースを使っています)に水で湿らせたティッシュペーパーをしき、その上に種をのせて様子を見るという形です。

container
で、気づいたことは気温によって発芽する種を分類できるように思いました。たとえば、ほとんどがこの方法で発芽させているのですが、暖かいところ(ヒーターなどのそばなど)に置いたほうが発芽しやすいもの、冷蔵庫に入れたほうが発芽するものなどです。発芽するとすごくうれしくなります!
HotCOld

これはあくまで個人的な経験からもとずく見解ですが... 今までの経験を共有させて頂きますね!


暖かい所で発芽しやすいもの:

レモン、オレンジ、ピーマン、イチゴ、メロン、スイカ、トマト、キュウリ、豆類

冷蔵庫で発芽しやすいもの:

リンゴ、ライチー


そして発芽させたら終わりじゃないので、これから実は始まりです。病気にならないように気をつけたり通気性を良くしたり、日照時間が短いと成長が遅くなったり。去年は、気温も低く日照時間も少なかったのでトマトにカビのようなものがつき病気にかかってしまいました。それとは反対にピーマンは結構寒さに強いように思した。まぁーこういうお世話する事が楽しみの一つなのですが...

最後に、最近これは有効だなと思う方法を紹介させていただきますね!私はポットで栽培しているので、根腐れしないように気を付けています。土に空気が入りやすいように割りばしで何か所かさして穴をあけたりしています。多分自然界だったらミミズがやってくれてるんですよね...


sun-water